残債がある住宅物件を売却した場合のローンの扱い

住宅ローンを組んで家を購入した場合は残債と言って未払いの債務が発生します。通常はこれを毎月の支払いから払っていき、徐々にこの債務を少なくして、何十年かかけて完済することになります。しかし、家計や収入などの事情により、支払いが難しくなったときは、完済していない状態でも家を売却するという選択もあるのです。

この場合には、家を査定してもらってその価格とローンの残高を比べ、査定金額でローンを全て支払えれば良いですが、査定金額が思ったよりも低かった場合は、家の売却益でローンを完済できません。さらにこのような時には任意売却という方法で家を売り、ローンがそれでも支払いきれなければ、借金は残ることになります。

通常このような形の売却にはローン会社と債務者の間に保証会社が仲介に入り、保証会社が代わりに立て替えて支払います。そのために債務者は保証会社に残りのローンの金額を支払うことになるのです。

もちろん残った金額が500万円など数百万円単位になることもよくあるので、この金額を一括で返済するのは難しく、毎月数万円ずつ返していくことになります。

また債務の圧縮と言って債権が回収会社に委譲されている場合には、たとえば500万円ある残高を半分の250万円にして、それだけ返して下さい。というように債務額を減らしてもらえることもあります。これは返済してもらえるかわからない金額より、債務者が現実的に返済できる金額にして、確実にお金を回収しようとするためです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ