残高スライドリボルビング方式で返済期間を短くする方法

消費者金融などの貸金業で多く取られている返済方法が残高スライドリボルビング方式です。これは、毎月の返すお金から一定の金額を元金返済にあてることにより、残高が少しずつ減っていきます。

通常のリボ払いでは毎月のお金はまずは利息にあてられるので、なかなか元金が減りませんが、残高スライドリボルビング方式だと、毎月の返す額が残高によって変わってスライドして少なくなっていき変化します。

一見すると元金が減っていくので良い返済方法に見えますが、残高が減れば返済金額も減っていくので、それだけ完済する期間が長引きます。

例えば30万円の借金があり、単純に利息を無視して計算しても、毎月1万円という一定額を支払うのと、残高によって1万円、9000円、8000円と月々の額が少なくなっていく方法では明らかに一定額を支払った方が早く完済できます。

元金だけなら良いのですが、利息というものがあるので、残高スライドリボルビング方式だと返す期間が長引き、より多くの利息を支払うことになります。このような無駄な出費を回避するためには、毎月の返す金額を決められた返済額よりも多くすることです。

そうすれば、上乗せされたお金が元金にあてられるので、完済までの期間も短くなり、支払う利息もそれだけ少なくすることが出来ます。これは繰り上げ返済と同じような方法であり、お金に余裕があればいくらか多く返すようにして早めの完済を目指して利息の負担を減らしてみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ