自己資金割合が多い方が住宅ローンでは有利である

住宅ローンを組むときには住宅の購入費用をすべて融資額で賄うことも可能ですが、最初に頭金を用意してローンの負担を減らすことが出来ます。この自分で用意するお金の割合が自己資金割合と言い、通常は物件の費用の80%までぐらいを融資するローンが一般的ですが、すべて融資のお金で賄うことも可能ではあります。

土地代金や建物の費用をすべてローンで賄うと自己資金割合は0%になります。つまりは頭金をまったく用意せずに住宅ローンを組むことです。ただしこの場合には住宅購入にかかわる諸経費は融資額で補うことは出来ないので、この部分は自分の費用で支払うことになります。

そうすると最初から融資以外の部分に出費があるので、下手をすれば返済が出来なくなるということも出てくるでしょう。諸経費は100万円ほどかかるので、出来ればそれ以上のお金を最初から用意した方が無難です。さらに引っ越し代金なども必要なので、そのお金も自分で支払わないといけません。

自己資金割合が適正と言われる割合は20%以上と言われています。これは、住宅ローンの商品の多くが物件費用の80%まで融資可能としているからだと言われていますが、物件費用以外にも金利がかかります。

そのために、出来るだけ頭金を用意した方が返済の負担は楽になり、諸経費分も余分に自分で用立てた方がいいです。もちろん頭金ゼロで融資100%という商品も最近はあるものの、それは大きなリスクを背負ったローンの組み方と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ