自動車学校ローンで自動車教習費用を支払う

自動車の免許を取得する場合には、自動車学校で教習を受けて筆記試験に合格したのに初めて免許証が交付されて車に乗る権利を得ることになります。教習所によってその費用は多少の違いはあるものの、少なくても20万円ほど、同じく合宿で免許を取る場合でもそれぐらいの金額がかかるでしょう。

まとまったお金を用意するのは難しい場合もあるでしょうが、お金が無くて教習所に行けない場合は自動車ローンで借りて支払という選択肢もあります。
ローンで支払う場合は、自動車学校ローンやマイカーローンなどの名前のところからお金を借りることになります。

収入のある会社員やパートの人などでももちろん借入れは可能ですが、使用用途が教習費用なら未成年の方でも貸してくれるところもあるのです。必要書類に記入して、借り入れたお金を支払う月々の金額の引き落とし口座に印鑑があれば、ローンを組むことが出来ます。

借入金額も数十万円なので、月に1万円ほど返していけばよく、それほど負担にもなりません。教習所によってはどのローンを組んでいるか聞かれることもあるほか、ローンに対応していない所もあるので、事前に調べた方が良いでしょう。

また借入れを行った場合は、教習所を卒業して、半年ぐらいブランクを設けてから返済開始するというものもあり、すでに他社から借入れがあるときには、審査は厳しくなり、場合によってはお金を借りられないということもあります。初めての借入れのときには、よほどの問題がない限り、お金を貸してくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ