車検ローンやクレジットで車検費用を支払う

車検を行うときには、30分で終わる低価格のものなどもありますが、ディーラーなどで行ってもらった方が、交換部品などが出てきたときにもすぐに対応してもらえて、スムーズに車検が済むでしょう。

自動車は運転していれば部品が消耗して劣化してくるので、車検時にはそれらの交換部品が見つかれば、交換しないと車検を通らなくなります。そのためにも、この費用は必ずかかるものだと思った方が良いでしょう。

検査の費用だけでも数万円掛かりますが、クラッチベルトなどの部品交換が必要になればさらに費用が上乗せになり、2~30万円はかかると見た方がよいです。支払いが出来なければ車検ローンなどを利用すると良いでしょう。ローンを組む場合には、契約者と車の所有者が同じである、ということが条件になります。

両方が違う場合には、所有者か使用者のどちらかが保証人になればお金を借りることが可能です。

税金分と保険部分は現金で一括払いになり、それ以外の整備料金などがローンを組んで支払うことになります。業者によっては、税金や保険部分もすべてローンで支払い可能というところもあるでしょう。借りるお金はそれほど多くないでしょうが、どこの車検ローンでも30万円ぐらいが借り入れ可能額です。

車検では見積もりをもらうことも可能ですので、事前に見積もりを取ってから、その金額の借入れ審査を行うのが通常のローンを組む場合のやり方になっています。また税金部分などもローンで支払い可能なのか、事前に聞いて確かめておいたほうが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ