修理ローンで車のを壊したときの修理を行う

車は便利なものですが、少しぶつけてボディをこすっただけの修理でもそれなりのお金が掛かってしまうでしょう。もっと大きな事故でのバンパー交換、ドア交換などとなると、数十万円の費用が必要になってきます。

そんな時、自分でお金を用意して修理費用を支払う余裕が無いときは修理ローンでお金を借りて費用を支払うのも良いでしょう。修理費用ではクレジットカードでの支払いに対応しているところもありますが、分割払いなどで払うと、利息だけで数十%もかかってしまい、支払総額を多くしてしまいます。

利息のない一括払いで支払うことも可能ですが、こちらの場合には、後の請求が莫大な金額となってしまうでしょう。修理ローンなら、利息が安くて済むところもあり、クレジットカードよりも明らかに金利が低いです。お金を借りる場合には、自分の目的でどこで借りるか検討する必要があります。

金利を重視して低いところを探すのか、借入れ可能額をみてまとまったお金を借りるのか、急いでお金を借りたいなら、審査時間で早く借りたいのかなど目的にあったところ探してローンを組むべきです。お金を借りるならマイカーローンなどの名前の商品を選びます。

もちろん修理費用にあてるために借りるということも可能ですが、より金利が低い会社の商品を見つけた場合には、そちらに借り換えて、金利を低くして支払総額を減らすということも出来ます。数%の金利の差でも借入金額はそれなりに多くなるので、少しの金利差でも支払総額は大きく違ってくるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ