紹介屋からの融資の紹介では多額の手数料を取られる

消費者金融でお金を借りたのはいいけど更にお金が必要になってしまった、そんなときに紹介屋と呼ばれる人達から融資の話の連絡が来ることもよくあります。自社では融資は無理だが、知り合いの業者なら借入れが出来るかもしれないから紹介してあげるという連絡です。

またチラシや新聞の三面広告に連絡先が載っているので、自分から連絡して紹介屋と接する人もいます。普通にお金を借りられるだけなら問題ないのですが、紹介屋を通すと多額の手数料を取られます。まず電話などで連絡すると、力になりたいなどと言って、あなたの住所や職業などの個人情報を聞き出すでしょう。

次の話ではその紹介屋が指定する消費者金融でお金を借りることになり、実際行ってみれば誰でも知っている大手の会社ということが多いです。話では金利も低く借りられると話すのですが、実際は20%近い通常の借入れと同じ金利で借りることになります。

そのようにして、何社もの消費者金融から借りられるだけお金を借りさせられます。そしていよいよお金を借りられなくなってくると、それだけ借りることができたのだから手数料のいくらを紹介屋に振り込めと言われるのです。

だいたい数十万円単位で請求されます。最初に個人情報を教えているので、ここで手数料の振り込みを断ると、罵声などの言葉で強気に言われ職場に行くなどと脅されますが、手数料を支払う必要性も無いので、ここまでになった場合は、弁護士などに相談するのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ