クレジットカードなどの消費者金融会社の仕様について

クレジットカードなどの金融業者は、相手を信用してお金を貸し付けている業者です。これについては、消費者金融会社も同じものと判断して問題ありません。これらの金融業者については、個人向け小口融資を無担保・無保証で行っているわけです。

ただ、クレジットカードの場合には利用されるまでは金利などが発生しないと言う部分で、カードローンなどの小口融資とは違っています。担保・保証人ありのサービスの場合、クレジットカードでは金額が特に関わっています。

例えば、従来では利用不可なクレジットカードを利用できるようにするために、カードに対して保証人が必要であったりするケースがそうです。このようなケースでは、予めそのような保証人が必要と金融業者からも告知がされているので、不要になると言うケースはありません。

また、クレジットカードや消費者金融などの小口融資については、限度額と極度額と言うものもあります。限度額については、個人が借りられる金額の限界を指し示しており、極度額については業者側で貸せる金額の限度を指し示しているのです。

つまり、限度額について極度額より小さいと言う場合には、それだけ金融業者からの信用が小さいか、もしくは担保などを用意していないと借りられないようになっているだけなのです。その点についても理解して対応をする必要については基本的にはありませんが、借りられる金額や利用する金融商品によっては必要となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ