消費者信用団体生命保険があるので返済が約束されている

消費者金融やクレジットカードを利用している場合には、返済不能な状態と言うものもあります。例えば、重度障害者となってしまい返済不能となってしまうケースもあれば、契約者が死亡された際に次点契約者などが存在しておらず、返済については完全に不可となってしまうというケースがそうです。

但し、このような状態では消費者信用団体生命保険により、返済が行われるようになっています。カードローンやクレジットカードの契約者については、契約約款を読んでいると理解も出来るのですが、多くの人は約款については目を通していない場合が多いです。

しかし、消費者信用団体生命保険があるので、支払については返すことが不可能になっても、この中から返済がされるようになっているのです。この生命保険については、リボ団信保険とも呼ばれるものなので、どちらかの名称で約款や公式サイトに掲載されている場合が多いでしょう。

また、生命保険とあるように、元々は生命保険で利用されている仕組みです。生命保険についても、クレジットカードなどと同じで、契約者は契約した金額の支払いを行っていますので、返済不能となってしまうケースはあります。

ですが、そのような場合についても最初から入られている、返済不能時の生命保険で立替がされるようになっているので、契約者や契約者の関係者には他の負担などが一切かからないようになっています。申込について、後になって行う必要もありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ