ローン返済で重要な消費者団信と言う存在についての案内

クレジットカードでもそうですが、消費者団信があるので返済不能でローン金額の返済が行われないと言うトラブルはないようになっています。また、カードローンと言った借金だけでなく生命保険や損害保険でも、消費者を守ってくれる団体と言うのは保険業者として存在しているのです。

また、返すことが不可能になった場合に有効となる保険なので、それ以外の返済不能状態は対応がされません。返済不能にも定義付けがされていて、消費者金融の契約者を本契約者として定めた状態で、その契約者が死亡・重度障害者となってしまった場合に返すことができないと認めるとなっています。

なので、自動車事故など別のトラブルで借金が発生した場合に、それらについてもサポートするような保険ではないのです。消費者団信についてはリボ団信ともされていますが、基本的にローンや生命保険については、このような保険が付与されている状態となのです。

また、残債については全て返済された状態のため、このような状態になっている契約者については返済などの通知もありません。なので、返済不能となってから家族や契約者に縁のある人に対して、金融業者から電話などが入ると言う事もないのです。

また、リボ団信などもそうですがローンに関する保険については、特約とされているもの以外では申し込まない限りは入らない状態のままで契約となります。消費者団信については、契約当初からで入っておく必要がありますが、特に別の申請などをする必要もなくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ