消費者ローンとクレジットカードの違いについての解説

内容の似たような貸金融のサービスに、クレジットカードと消費者ローンがあります。ですが、今ではこれらについては一つずつで理解がされるようになっているのです。例えば、クレジットカードについては消費者ローンではありません。クレジットカードは、カード契約者となる事でカード利用によって商品を購入できると言うサービスです。

また、返済においてもリボルビング払いとなっているので、ローン返済でもなかったりします。従来の消費者ローンについては、支払の際に何回払いかを決めておく必要があるのですが、クレジットカードの場合には1回払いでも問題ありませんし、最大であれば36回払いなど長期的な支払であっても問題ありません。

このように支払回数を元にして考えると、消費者向けのサービスとは別物なのがよく理解できるようになっているのがわかるでしょう。
さらに、今では消費者向けのものについても大別がされるようになっています。

例えば、サラリーマン金融を利用しているものや、もしくは銀行から貸付してもらって個人向けの融資を受けている場合にはカードローンとなっています。また、自宅の購入向け融資に住宅ローンがありますが、消費者向けのローンと言う風にはなっていなかったりします。

住宅ローンについては金融商品の1つとなっており、他の消費者向けの貸金融商品ではキャッシングローンなどの商品購入向けのサービスがあるので、それほど幅広い貸金融サービスでもないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ