人的担保は保証と連帯で意味が違うので注意しなければいけない

カードローンやクレジットカードは、個人向けの融資なので、個人で利用が出来るようになっています。現代では、カードローンなどの利用者は数人に1人ですが、多くの利用者は無担保・無保証の状態でこういった貸付サービスを利用しているでしょう。

金融用語で、貸付の契約を結び、本契約者になっている状態を指すのに使われる言葉で、組むという言い方が通用ですが、契約を結ぶと言う風に解釈されても問題ありません。また、このようなローンサービスについては、今では銀行やノンバンクで受けることが出来るのですが、基本的に担保などが必要となってくるケースもあります。

例えば、従来よりも高い金額でローンを組む場合がそうです。近年では、50万円や100万円と言った融資額に限度を付けておき、小口融資に関しては無担保・無保証人となっています。これがカードローンの魅力とされている部分ですが、これ以上の金額となると保証人などが必要です。

その際に、担保では物品などが要求され、保証人(人的担保)では返済の代わりをしてくれる人物が要求されるとなっています。担保については、キャッシングローンなど商品を購入する際に、購入した商品を担保にするなどが一般的です。

しかし、保証人については保証と連帯で意味が違ってきますので、注意しなければいけません。保証については、契約者に代わって返済を行う人を言いますが、連帯の場合には返済が契約者で行われなかった場合の次点の返済履行者を指し示すのに用いられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ