融資には生活衛生貸付のような特殊なものもある

ローンには金融商品とされるものも存在しています。また、金融商品はローンとは違って特殊な仕組みで成立しているものもあり、それによってローンとは別な商品として見られるようにもなっているのです。具体的なものでは、生活衛生貸付と言った特定の業者向けローンが挙げられるでしょう。

このようなローンについては、他にも存在するのですが、主な共通点として同業者で一括りして融資をすると言う決まりがあります。例えば、生活衛生貸付については、生活衛生融資と言う風にも言われており、その名の通りで飲食店や食肉販売業など生活衛生に関係している業者向けの貸付となっています。

既に金融商品には業者向けの融資として法人向けのビジネスローンなどがありますが、それとは別にこのような融資が存在するのです。と言うのも、生活衛生にはクリーニング業や浴場業などについても含まれるからです。

これらの生活衛生については、そもそも融資に関する審査についても特殊です。つまり、1つのビジネスローンとして対応するには余りにも規模が大きすぎるのです。そのようになっているので、取り扱っている銀行などもあれば、全く取り扱っていない銀行などもあったりします。

近年では、貸付の前に信用情報機関などに登録されている評価の格付けを参考にして、融資を行うなど間接的な手段で貸付を決めるケースまであるのです。このような方法であれば、貸付までの日数が格付け評価分で短縮できるので、融資においては良く利用されている審査方法ともなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ