特殊な審査方法を用いている生活衛生融資とは

銀行が行う融資には、生活衛生融資のように特殊な審査方法によって貸付をするかどうかが判断されるものもあります。また、どうして特殊な審査になのかと言うと、例えば生活衛生に関する業者では理容業や旅館業などが含まれているからです。

これらの事業は、業者の全てで平均的な利益があがっているわけではありませんので、基本的に審査についても時間がかかりすぎてしまいます。なので、現代では既に存在する格付けを参考にして評価をするのですが、このような審査方法については生活衛生などの融資でない限りは行わないようにもなっています。

例えば、ビジネスローンで500万円以の貸付を行う場合には、融資に値する保証や担保があるかをチェックし、それらに該当する法人であれば貸付が行われるようにされているのです。他にも、1回めと2回目の審査の間の時間をおいて評価をするなど独自の仕組みで実施されるようになっています。

ただ、生活衛生融資の審査のように時間をかけることは殆どありません。生活衛生向けの融資については、期間にして1週間ほどかかるケースもありますが、業者向けのビジネスローンについては2・3日ほどで融資の審査が完了します。

現代では、信用情報機関が存在しているので、毎年の売上などで発生する利益で評価がされるようにもなっています。それらについては、業者側に対して評価を行っている格付け会社などで格付けが半自動的に行われるので、多くの銀行はこの信用情報を参考としているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ