金額が大きいほど軽減効果のある全額繰上返済

ローンと言うと、一般的には支払回数が定まっているものが返済の標準とされています。ですが、それ以外にも次のような返済方法があり、今ではローンを返す際に選択まで出来るようになっているのです。有名なものでは、クレジットカードのリボルビング払いがあります。

リボルビング払いとは、通常では最初に定まった回数で支払をするものを、自分で回数を選択して支払うと言う方法です。
なので、リボルビング払いを選択されている場合については、3回払いが一般的な商品でも12回払いなどの長期での返し方が選べると言うメリットがあります。

但し、リボルビング払いの場合には回数を選択できる代わりに、支払回数が増えると金利についても高くなるというデメリットもあるので注意しましょう。それに対して、素早く支払え金利についても低いローン返済方法もあります。それは、全額繰上返済とされている返し方です。

全額繰上返済は、従来の返し方とは違って最終支払日の前日に全額を支払えると言うものです。従来の方法では、金利については最初に決まっているぶんで支払を行っていかないといけませんが、全額繰上返済のような方法であれば、前もって支払をしておいた分で、金利についても軽減がされるようになっているのです。

似たような方法で、小さな金額でその時払いをする随時返済と言うものもあります。利息軽減効果については、全額繰上で返す方が高い効果が見られるようになっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ