長期返済に便利な全期間金利固定型住宅ローン

返済を行う際には、その時の状態に合わせた返済方法があります。例えば、全期間金利固定型住宅ローンがそうです。全期間で利率が固定となっている住宅ローンの事なので、利率については変動しないようになっています。

利率が変動する場合には、予め利率が変動すると言う案内を受けて契約を組むのですが、今では利率が変動するものについても商品そのもので利率の幅が決まっているものが多いので、一般的には金利固定で返済を行うようにもなっています。

これについては、住宅ローンで解説されている事が多いです。住宅ローンについては、全期間金利固定型住宅ローンのような返済方法もあれば、金利について変動するローンもあります。変動するケースでは予め定まった順序で変動するので、正確には支払金額が段々と増額していくようになっているだけであったりもするでしょう。

このような返済方法がある理由は、人によっては仕事の勤続年数などで収入増となる人もいるのが背景となって存在します。しかし、現代では収入増となる人ばかりでもないので、どちらか1つを返済方法として用意しているのではなく、数種類を予め用意しておきプランとして提示するようになっています。

そちらから自分好みのものを選択しますが、住宅ローンなどの長期返済についてはもう1点注意しないといけない点もあります。それは、必ずしも25年以上で契約が組めるという訳ではないということです。30年・35年など25年以上については、銀行によっては取り扱っていないケースもあるので、よく確認して申し込むようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ