全部繰上返済を利用するとリスク軽減が可能

引落日は、約定日が基本とされています。約定日と言うのは、予め定められた日に引落がかかることを指していて、基本的には月末など決まったタイミングで引落がかかるようになっているのです。ですが、返済方法については契約者が選べるようにもなっているので、次のようなやり方についても選択が認められています。

また、選択をされなかった場合については、業者側のシステムから指摘がされるようにもなっているのです。例えば、全部繰上返済が有名です。全額を繰上て返す訳なので、決められた日時で返済をまとめて行うと言うものです。

例えば、最終返済日の前に一括で全額を返す場合を主に言うのですが、そのような方法で返済をされていると金利の発生が少なくなることもあるので、このような方法についてはリスク軽減効果が見られる場合が多いでしょう。金額的に厳しいものの返済では、特に利用できるようになっている返済方法でもあります。

また、ボーナス払いは名称の通りでボーナス月のみ支払額を多くすると言う方法です。近年では、高い物品であってもこのような方法を利用して契約をするのであれば、多少無理な金額であってもローンが組めるケースが多いでしょう。

また、ボーナス払いについては毎回決まったタイミングであれば問題ないので、8月・12月で固定となっているわけではありません。好きなタイミングで、1・2回のボーナス払いを設定するのが基本となっているのが特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ