アンタイド以外はタイドローンとなっている

クレジットカードの契約はタイドローンではない場合もあります。制限がかかっているローンがタイドローンです。一般的なクレジットカード契約では、アンタイドなローンとされる形式で契約が結ばれるようになっています。

アンタイドの場合には制限がかかっていないので、ローン契約については好きなように利用をされても問題ないとなっているのです。勿論、規約もあるので規約に則っている使い方であれば自由と言う事になります。

タイドで契約を結ぶ場合、「定められた物品、そのカテゴリ」で統一されているのが特徴です。なので、資金用途(ローンの使い道)についても不安定な状態ではいけないようになっています。

具体例を挙げると、車のローンを組んでいる人の場合、それ以外のショッピングでは利用出来ません。ですが、クレジットカードの場合にはアンタイドとなっているので、車もショッピングも自由なのです。

車をクレジットカードで購入すると言う点については、キャッシング枠の再審査があるのですが、そちらさえクリア出来れば、利用をして購入できます。クレジットカードの利用限度額に余裕がある場合には、ショッピングで利用する事も可能とですし、そのような利用方法をしたとしても何の問題もありません。

ただ、タイドローンとは違ってアンタイドとなっているものについては、貸出が可能な金額についても上限が高くないケースが多いので、そちらに注意をして利用をしなければならないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ