多額債務者になってしまうとブラックリストに登録されてしまう

多額の借り入れを行う時には十分に気をつけて借りる決断をすべきといえます。クレジットカードなどお金の貸し借りの世界には、信用情報と言うものがあります。正確には、個人信用情報機関と言った機関が複数存在し、そちらに対して加盟する金融業者が登録をしていくものがあるのです。

銀行、ノンバンクについては、その機関に加盟をしている金融業者として有名ですが、これらの業者については個人信用情報機関の情報を次のような形でも利用しています。たとえば、借入を申し出ている相手が多額債務者でないか、もしくは今のところ返済可能な範囲で借りているかなどをチェックするのに、先ほどの個人信用情報機関を利用しているのです。

また、このような情報をもって審査をするので、審査時間については特に銀行ではスピード審査が可能となっています。また、通常では返済などのトラブルを起こさないと、記録がされないようにもなっているのです。

ですが、多額債務者になっている場合には、ブラックと言う形で登録がされてしまうので注意しないといけません。ブラックとは主に多額債務のことで、ローンやクレジットカードの利用で債務が返済の限度以上に達する相手を指して使っている用語です。

これをブラックリスト入りと言うのですが、金融業者からは何も伝えてきませんので、契約者はローン契約をする際の審査の内容やチェックのシビアさで確認するか、もしくは個人信用情報機関において確認を行う必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ