多重多額債務については特に銀行では対応が厳しい

お金の借り過ぎて、特にひとつのところからでは無く、2つ以上のローンを組んでいる場合を正確には、多重多額債務と言います。銀行などのクレジットカード契約申請において、多重か多額で債務を持つ場合には審査についても厳しくなってくるのが特徴です。

と言うのも、このような状態に移行しているケースでは、支払能力について認められない場合が多いからです。金融業者が個人に対して借り入れを可能としているのは、この信用に対して決まった金額で貸すように定まっているからでもあります。

つまり、支払能力と言うのはローン契約においては生命線のようなものなのです。お金の借り過ぎは、契約不可に繋がってしまいますが、何も多重多額債務となっていると絶対に借り入れが出来ないと言う訳ではありません。銀行はシビアな審査を行ってきます。

しかし、返済において多重債務で苦しんでいる場合は、支払能力が認められば借り入れの契約が可能です。例えば、ローンそのものについて、銀行でまとめて返済を行うように計画されているだけでも、とりあえずでローンを組む場合とは別の扱いがされます。

これを借換と言うのですが、他にも複数のローンを1つのカードローンにまとめるなどの契約も銀行では存在します。銀行の場合、多重や多額の債務で苦しんでいる場合には、銀行以外の大きな施設に出張をして相談をするなどのサービスもしておりますので、返済計画については実際に銀行員からアドバイスをもらって作成をすることも可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ