多くの人が利用しているローンは多目的ローン

数年以上も前からクレジットカード保有については、大人にとってのひとつのステータスです。社会人の3人に1人以上の割合で、所持者がいると言う統計も出ています。特にショッピング金額の上限の無いブラックカードと呼ばれるものを持っていれば、裕福な人の証のようなものともいえます。

カードによる支払が可能なものは、形式では多目的ローンとされていますが、買うことのできるバリエ-ションもあるので利用者も増えているのは納得です。また、通常の借り入れについてはタイドローンの分類となります。

タイドローンは、資金用途について定めているものなので、事業性資金などが有名です。銀行などで、カードローンを選択するとフリーローンと言う金融商品を勧められます。

これは、それ以外の契約については、多目的に利用する事が不可となっているので、銀行側でフリーローンを用意してくれるのです。フリーローンについては、アンタイドローンとされている、使い道が自由の契約です。

なので、クレジットカードの利用については銀行や信用金庫のものであっても、制限がかかっていません。また、資金使途については自由となっていますが、次のような利用については禁じられているので注意する必要があるでしょう。

まず、ローンで利用できるカードについては、他人に譲渡してはいけませんし、また定められている使い方は守らないといけません。カードの不正利用でもそうですし、現金化のような使い道でカード利用をすると言う事については、多目的ローンであっても規制の対象となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ