抗弁権が存在するのが単純保証人の特徴となっている

債務を追う契約者の返済が滞った際に、代わりに債権者から返済を迫られる人を、保証人とよびます。連帯保証人に対して、単純に保証をする人として単純保証人と呼ばれるのですが、「債務者から返済してもらってください」といった事を申し立てたり出来る抗弁権が用意されているのが特徴としあります。

キャッシングローンでは、ローンを行う人によっては担保が必要となってくるケースもあります。例えば、高級な自動車など通常よりも長期においてローン返済をしなければならない場合には、信用を得るために担保として対人担保が必要となります。対人担保の対象になるのは、キャッシングローンでは連帯保証人とされる人です。

しかしこれについては、特に返済の能力が問われる対人担保なので、その点については注意しないといけません。と言うのも単純保証人とは違い、債務者と同等の義務を持ってしまっているのでお金を返さなければならないからです。

抗弁権がない場合には、債務者から必要な取り立てがあった場合については、法的にもそれを理解した上で返済をしないといけません。つまり、連帯保証人については債務が発生してからは、返済をしないといけない訳です。

しかし、単純の場合には債務者だけではなく、契約者に対しても抗弁が許されているので、今回のように取り立てが発生した際には、先に契約者に相談をしたり、もしくは実際の支払に応じる応じないについての対応も可能となっている点で、連帯保証人とは違った立ち回り方法があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ