団信があるので安心して住宅ローンを組める

家や車を購入する場合に割賦で買う人のほうが多い世の中です。設定額が高く長い期間で返済していくものがありずっと返し続ける事が出来るか、不安になる人もいるでしょう、それについては大抵の場合団信に入っているので、安心して返済をする事が出来るようにもなっています。

団信とは団体信用生命保険の略である通りで、基本的に個人同士で利用するようなローンに対しては適用しない保険となっており、住宅ローンと言った複数の業者と個人で返済が成立しているもので適用がされているのです。

住宅ローンの場合には、個人の支払者と業者でローン返済が成立しているので、団信についても利用がされるようになっています。個人の場合は、支払者が重度障害者になってしまったり死亡した場合でも、残債については支払がされるので安心です。

団体の場合は、返済額の残りを回収出来るようになっているので安心して、お金を貸し出せると言う強みが発生します。このようにメリットがあり、更にデメリットもないのが特徴です。一般的な住宅ローンであれば必ず申込についても出来るようになっていますし、保険そのものが組めないなど人によっては入れないと言う面倒な保険でもないのです。

団信については、住宅ローン以外では長期の返済に関するもので保険が適用となっています。具体的なものでは、不動産物件である土地であったり、もしくは高給な商品などを購入して返済を行う場合にも適用が可能です。ただ、短期で支払が可能な商品については利用が出来ないものもあるので注意しないといけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ