担保掛目と言う担保設定で借入が審査されている

担保掛目(たんぽかけめ)と言う設定が存在し、このような設定があるので、担保になるものとならないもので分かれています。具体的には、不動産物件や自動車については認められているほか、評価額についても高く設定されているのです。

評価額と言うのは、担保の掛目においては特に評価について高くなる部分となるので、評価額が低いものについては自然と出来ないようになっているのです。
前述では、担保に出来る場合を記載しましたが、逆に出来そうで出来ないものでは次のような例があります。

金券、鑑定書付きでない高給な物品の全てがそうなのですが、これらについては金額が正確でないものもあれば、物によっては全く評価されていないものもありますので、そういったものは出来ません。また、個人で値段が付けられている物や、オークションなどで購入した物品についても物によっては同じように設定ができないようになっています。

そして、担保掛目において特に重要なのは、貸す側(銀行など)がしっかりとローンの残債を完済に出来るかどうかです。残債について残るような担保であった場合でも、審査については通りますので、その利用によりクレジットカードやカードローンなどについては利用が出来るようになります。

しかし、残債が発生している状態で担保だけでは回収が出来なかった場合については、残りを一括か分割で支払う必要があると言う状況にもなっているので、注意する必要があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ