担保には担保割れもあるので担保の評価も変化する

物を担保にして金銭を貸し付ける際には担保割れに注意が必要でしょう。人と物を担保にする仕組みがそれぞれあります。物にする場合は、そのまま可能ですが、人にする場合には保証人や人的担保と言う風に、特殊な表現が使われます。

人にする場合、ローン返済のリスクを軽減、もしくは無効に出来るだけの返済能力があるかどうかが重要ですが、それ以外の返済能力については余り問われないようにもなっています。しかし、物をそれにする場合は別です。と言うのも、物にする場合には人の時とは違って担保割れが生じるからです。

具体的には、価値が変動しやすい自動車や不動産物件がそうです。そのような場合については、貸している側にはリスクが生じるようにもなりますが、貸している金銭をすぐに返済するようにとは言ってこないようになっています。どのように対応をするのかと言うと、担保割れを防ぐための相談があるのです。

先ほどの自動車や不動産物件などのケースでは、次のような対応が主な対応となっています。自動車については、ローン返済のプランについて新しいプランについての相談となります。不動産物件については、他のものを入れるような形で新しいプランに変更をして欲しいと言う相談になるでしょう。

比較的高くない商品のローン返済であった場合には、ローン返済の為に保証するものを更に追加するようにとは言ってきません。基本的に担保割れとなった為に支払についても大きく変化すると言う事はないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ