お金を借りる際には直接貸付によるケースもある

お金を借りる場合、日本では消費者金融を通じて借りている人が多数となっています。ですが、消費者金融などで借りられるお金についてはカードローンとなので、正確には融資ではありません。カードローンは個人向け小口融資となるので、正確には最低限のローンを認めているだけということなのです。

しかし、このようなローン以外に個人で利用できる融資と言うものもあります。
例えば、直接貸付がそうです。金融機関などでは融資についても行っているのですが、政策金融機関では機関の窓口を通じて直接で貸付を行っています。

また、通常の融資と違って窓口に訪れる必要があるのですが、前述した小口融資ではないので大きな金額でも貸して貰える可能性があります。このような政策金融機関の利用については、人によっては一時的な生活の保障を受ける為に行われている人もいます。

と言うのも、多くの人が政策金融機関として利用しているお店では、相談センターや政策金融機関の支店などが多いからです。相談センターとなっている通りで、多くの人はただお金を借りるだけでなく、現在の状況を相談しプロからアドバイスを受けたいので訪問されています。

通常のローンや貸付においては、業者側と契約者では相談などはなく審査に通り、後はお金をどれだけの設定で貸し与えるかと言う関係となっています。ですが、直接貸付では専門職員が常駐しているお店で相談が出来るので、お金を借りる意味についても正確に把握出来るのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ