住宅ローンの契約が開始になるまではつなぎ融資となっています

住宅に関するローンには、つなぎ融資とされているものがあります。一時的に対応すると言う意味でそのように呼ばれているので、住宅ローンのケースでは、実際の住宅ローン発生までのタイムラグに対応するものとなります。

住宅ローンについては、組んだと同時にローンが発生するわけではなく、実際には審査が完了するまでの間については、その契約者が支払をしないといけないようになっているのです。しかし、それらを全て一括で支払うと言うのは現実的には厳しいものがあるので、つなぎ融資を利用して一時的に支払っている状況を作っておくわけです。

また、つなぎで融資されている場合であっても、銀行など借入先からお金を借りているのは確かです。なので、一時的であったとしても後から返済の請求もされますし、利息についても発生するようになっているので、その点については注意しないといけません。

つなぎで融資されていても、金利については住宅ローンの低金利が利用される訳ではありません。つまり、従来のローンと同じ金利になので、単純につなぎ融資については便利だと思い長期の利用をしないように検討しないといけないのです。

また、不動産業者についてもつなぎで融資を行うかどうかについては相談を持ち掛けてきます。その際に、実際の支払金額も計算してもらえるので、その見積もりをもってつなぎで融資するかどうかを判断するのが、後の返済対応まで含めると理想的な対応となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ