二重債務問題を引き起こさないために備えておく

二重債務問題は、債務の支払いに、さらに新たな債務の支払いが発生し、返済額が大きくなってしまうことです。簡単に説明すれば、例えば、完済していない一軒家が火災で全焼してしまい、火災保険には入っておらず、新たに家を建て直した時などが挙げられます。

このようなケースになると返済額の負担が大きく、大変辛い状況に陥ってしまうものです。他にも自動車など、大きな額でローンを組むものであれば、この対象になります。

二重債務が起こる際、月の支払い額が少ないもの同士を合わせるか、あるいは補償をしてくれる火災保険や地震保険などの保険に入っておくと、問題にまで発展してしまう可能性を軽減できます。

保険額を払うのはもったいないからと入らない人もいますが、こういったことになる可能性が少しでもあるのなら、結果的には損をしないで済むでしょう。洪水や地震による津波など、災害に見舞われる可能性がある場所なら、事前に対応を考えておくほうが得策です。

もし二重債務となってしまった場合でも、対処法はいくつかあります。金利が低く、毎月の負担額が少ない金融会社へ借り入れをすれば、完済するのは決して無理な話ではありません。

大災害の場合は、今後もしかしたら国から負担してもらえたり、債務の一部を免除してもらえる可能性はありますので、政治状況についても定期的にチェックしておくといいでしょう。さらに、二重債務の可能性に備えて、今から貯金をしたり、クレジットカードを作っておくなどをすれば、毎月負担することになる額には大きな差が出てきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ