東日本大震災に見る二重ローン問題の概要と対策

大災害が起こった時にローンを抱えていると、自宅が崩壊し、自動車が使いものにならなくなることで二重ローン問題が生じる可能性があります。2011年3月11日の東日本大震災では多くの住民がこの問題に直面しました。

東日本大震災の場合は、大津波による災害や原発事故の影響によって、長期の避難をよぎなくされたため、その避難期間に支払えなかったローンも重なり、さらに負担が大きくなったと言います。

政府は東日本大震災の二重ローン問題に対し、2011年7月に私的整理ガイドラインを策定し、復興や再建のサポートをしました。このガイドラインは債務整理を円滑に行うためのもので、多くの住民が負担を軽減できました。

債務整理によって、将来分の利息をカットしてもらえるので、支払い額が膨れ上がることに悩まされることもありませんでした。さらにこの方法は、過払い金があった場合、その分を回収できるメリットもあります。

債務整理をすると信用情報登録機関に情報が載り、5年以上はクレジットカードの発行が難しくなってしまいますが、自己破産という最終手段を取らなくて済みます。ローンに悩んでいる方を救う手段ですので、二重ローンとなり、返済が困難となってしまった場合は、利用する価値はあるでしょう。

東日本大震災のような、過去にあった問題を提起し、実際に悩んできた人はどのような対処をしてきたかを知っておけば、それだけ二重ローン問題を回避しやすいです。今後もし自分が被災してしまった場合は、どうすべきかを今から考えておけば、冷静で的確な対処ができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ