日本信用情報機構に自分の信用情報を確認する

これまでクレジットカードを利用したり、ローンを組んだことがあるのなら、大概どこかの信用機関に利用者に関する情報が登録されています。これは、新しくクレジットカードを作ったりする際に、返済能力があるか、社会的な問題の無い人かをカード会社などが確認をするための機関です。

日本信用情報機構は信用情報登録機関の一つになります。
基本的には直接あまり関わらない機関ですが、ローンが組めないクレジットを作る審査になぜか通らない、債務者としての信来できるか知りたいといった時には内容の開示を求めることができます。

この内容については、カード会社だけではなく、自分自身でも可能です。郵送などで請求すると、信用情報の開示書がもらえます。氏名や生年月日、住所などの確認はもちろん、クレジットカードの利用額や、支払い遅延の有無なども見ることが可能です。

住所変更を行っていないカード会社があることで審査に落ちてしまう場合もありえるため、不備がないかをチェックするために利用するのもいいでしょう。また、この団体は、他の信用情報登録機関であるシーアイシーや全国の銀行をネットワークして作っている機関と交流しているので、延滞情報や個人情報の一部が共有されています。

自分の利用したカード会社がどの機関に属しているのかわからない場合でも、利用歴やローンが組めるかどうかなど登録されている可能性は十分にありますので、一度チェックしてみる価値はあるでしょう。内容の開示をすることで、個人の登録内容が間違っていることはないかだけではなく、見落としている支払いがないかなども再確認できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ