多数の債権を一括して担保できる便利な根抵当権

根抵当権とは、抵当権の一種ですが、通常のものとはまた違います。そもそも抵当権は、特定の債権を保証するために不動産に設定する担保権のことです。通常の抵当権は貸し付けた日付と金額が指定されている貸金債権のことで、担保されているその債権が消滅すると同時にその権利も消滅してしまいます。

根抵当権の場合は多数の債務を一括して担保できますし、もし債権が消滅したとしても、この権利は残るというメリットがあります。この権利は、今後発生する債務を担保するためにも活用できますし、家の購入に限らず、会社の運用資金など、債権とできるものをまとめて一つの債権として適用できるので非常に効率的になるのです。

特に自営業者であれば、活用できる場は多くあります。通常の抵当権とは仕組みが違っていても、不動産の購入者からしてみれば、どちらでも同じ効果ですから、持って損はないでしょう。

根抵当権はお金が絡むことなので、信用情報に影響が出るのではと懸念するかもしれません。しかし、このような担保権を持っていたとしても、信用情報の書き換えが生じてしまうことはないです。つまり、物的担保による影響はないと言えます。

クレジットカードを作る際でも、直接的な支障が出てしまうことはないので、問題はありません。担保ローンを組むのなら、他の債務と合わせて毎月無理なく支払えるかどうかを判断して、賢く使うことができれば、とても便利になることは間違いないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ