パーシャルペイメントでローン返済をしていく

パーシャルペイメントとは、金融機関でローンを組んだり、お金を借り、その支払い額がどうしても足りない時に部分的に支払う方法のことです。全ての金融機関で必ずできるわけではありませんが、交渉次第で返す金額を減らすことが可能になります。どうしても払うことができない時はこの方法を考えてみるといいでしょう。

支払いが難しいからと、カード会社などに状況の報告もせずに払わないまま放置してしまうと、下手をすれば、カード事故を起こして、そのカードが使えなくなるばかりか、新しいクレジットカードを作ろうとしても作れない可能性は高くなります。

カード会社は利用者が規約を守って支払うのを重視していますが、同様に、きちんと返済の意思があるのかも見ているものです。
返済意思がありつつも、払うのが難しい状況であれば、放置や無視をせずに、パーシャルペイメントを利用すれば、最悪の事態は避けることができます。

カード会社は、悪質業者とは違いますから、債務者に返済の意思があるにも関わらず、無理矢理にでもお金を取り立てるような所業はしません。返済しないよりは少しずつでも返えしていくほうがいいのは確かです。

信販会社によって、パーシャルペイメントができるかどうかの違いはもちろん、その仕組みや定義についても相違点があります。最もベーシックなのは、利息返済分の一部を支払う方法です。

他には、予め決められた返済額のうち、利息返済分のみを支払うなどの方法もあります。この方法を利用するのであれば、まずは一度、カード会社に確認を取ってみることが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ