灰色金利での返済を行っていた場合は過払い請求が出来る

消費者金融などでお金を借りるときにはその元金に加えて利息というのが加わってきます。法律では15%~20%の範囲と決まっていますが、出資法では上限が年29.2%と定められており、この上限まででの金利で営業をしている貸金業者もいるでしょう。

そしてこの20%~29.2%の間での金利を灰色金利と言い、グレーゾーン金利とも呼ばれています。灰色金利は一定の条件なら認められていましたが、2006年にこれが認められなくなる判決がでましたので、現在は通常の15%~20%の範囲の利息で業者は営業するようになりました。

しかし、現在の利息と灰色金利では10%近くの差があり、昔の利息で返済をしていれば、利息は払いすぎということになり、更には元本も無くなり、借金も残っていない状態の人もいます。このような時には払いすぎている部分を過払い金として取り戻す請求をする事が可能です。

過払い金の請求をすれば、貸金業者に対して返還要求をすることが出来、認められれば払いすぎたお金は戻ってくることになります。

この請求を行うときには、自分で行うのではなく、弁護士に依頼して行うのが最適です。自分でも行うことは出来ますが、手続きや書類作成などを考えると、弁護士への依頼報酬はかかるものの、それでも弁護士に頼んだ方がスムーズに事は運ぶでしょう。

過去に借金を返していたなら、過払い請求は完済している日から10年以内であれば請求可能であり、その場合は、弁護士に依頼して請求の手続きをしてもらうとお金がいくらか戻ってきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ