配偶者貸付で専業主婦が消費者金融からお金を借りる方法

消費者金融などからお金を借りる場合には、総量規制という法律があり、いくらでも借りられるわけではなく、年収の3分の1までしか貸すことは出来ないという制限が、設けられています。

十分な収入のある会社員などが借りるときには、それなりにまとまったお金を借りることは可能ですが、パートなどで収入の少ない、または無収入の主婦がお金を借りようと思うと、ほとんど借りられないということになってしまいます。そこで出来たのが配偶者貸付けです。

これは専業主婦で無収入であっても、夫の同意書があれば夫の年収を元に計算して、その3分の1までの借入れが出来るという仕組みです。これを利用すれば主婦であってもお金を借りることは可能になってきます。夫と主婦の給料を合計して年収としてみなしてくれます。

ただし申込時には、夫の同意書と、夫との夫婦関係を証明する書類、夫の収入証明書が必要になってきます。夫婦関係を示すものは住民票などの書類、夫の収入証明書は会社から給料明細などになります。

ただし書類の確認などの手続きが大変なために消費者金融でこの配偶者貸付けを行っているところは少ないです。少しでもパートやバイトで給料があるならレディースローンや総量規制の影響を受けない銀行系のカードローンなどでの借入れした方がお金は借りやすいです。

カードローン会社のサイトで主婦でも借入れ可能と書かれているところは、お金を借りられる可能性が高く、小額融資の場合なら収入証明書も必要ない場合があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ