非提携ローンと提携ローンでお金を借りる場合の違い

住宅を購入する場合は、ほとんどの人は一括でお金を払うことは出来ないのでローンを組んで毎月返済していくことになります。そしてその種類も色々なものがあり、不動産を通して借入れを行う場合や、直接自分で銀行などからお金を借りて、住宅購入費用を支払うなどの方法があります。

自分で金融機関から直接お金を借りる方式を非提携ローンと言い、間に不動産が入らないので仲介手数料がありません。いくつかの商品を比べれば金利も自分で最適なのを選ぶことが出来ます。

自分で手続きを行わないといけないので、書類を作成や審査に時間はかかり、希望額を借りられない、または融資自体を受けられないということもあります。金融機関と不動産などが提携して、はじめから融資限度額やその条件などを設定しているローンのことを提携ローンといいます。

販売される物件に対して、担保の価値などの審査が終わっており、手続きも不動産が代行してくれるので、素早く審査が終わり手間もかかりません。ただしこの形の商品を利用する場合には、指定された物件を購入する必要があり、選択の幅はありません。

審査に通りやすいのは提携ローンであり、不動産会社を通して申込を行うので、必要な書類などのアドバイスをもらえるので、手続きもわかりやすく、書類不備などのことも少なくなります。非提携ローンでは金融機関に直接ローン契約者が申し込むので、その人の経済力によって審査が通るかどうかが決まってきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ