ファミリーローンで目的に合わせて必要な時にお金を借りる

ローンの種類にはいくつかありますが、その中でも家族向けの融資がファミリーローンです。銀行や信金などで取り扱っている商品であり、その使い道は結婚資金や旅行資金やショッピングや介護関連の費用などに限られており、申込の際には審査があり契約書を交わすことが多いです。

フリーローンとは違い審査や契約書があるので、申込をして、申請が降りる基準は少しだけ厳しくなっています。担保があるタイプと無いタイプの2つあり、無担保型としてはブライダル用やトラベル用の融資、引っ越し資金などの比較的小口のものが無担保型になります。

それに対し、担保が必要なのは、別荘購入費用や相続資産用など、大口の融資の時です。さらにこのような使用用途の場合には、使用目的を明確にした書類も必要になります。ファミリーローンは住宅ローンなどと比べると比較的使用用途は自由になっているので、金利はそれだけ高く設定されていることも多いです。

また申込時には契約書は必要ですが、即日審査などのサービスも行っているところもあり、申込から融資まではそれほど時間はかかりません。小口融資では収入証明書は必要ない場合もあるものの、大口融資となるとやはり年収を証明する書類が必須でしょう。

日常の生活資金や事業用の資金目的ではファミリーローンでのお金を使うことは出来ず、そのような場合には、目的ローンや事業者用の融資など、それぞれにあったところで申し込む必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ