プロパー融資を受ける場合のメリットとデメリット

消費者金融などで個人が借入れを受ける場合は、保証人が必要ないときがあり、この場合には保証会社が代わりに保証するので、利用者が返済できなくても、この会社が穴埋めします。それに対して、中小企業に銀行が保証など無しで貸付けを行う場合をプロパー融資と言います。

プロパー融資では、銀行が独自に利用申込者の信頼を判断して貸付けし、そのために、判断を誤れば保証会社など穴埋めしてくれるところはないので、慎重に時間をかけて審査します。このような性質があるために、銀行は簡単にはこの融資を申し込んでも認めてはくれません。

審査基準の一つとして2期連続で黒字になっているかなどの、収支面で返済できるだけの体力があるか、というのを見ます。さらに申込時には綿密な事業計画も提出しなければなりません。しかしながら審査が通れば、低金利で大口の貸付けを受けることができます。

審査基準をみてもわかるように、残念ながら開業間もない企業では、この形の貸付けを受けることは出来ません。時間をかけて信用力をつけていき、審査に通るように努めるべきでしょう。開業間もなければ、開業支援の為の融資制度などを利用するのも方法です。

プロパー融資は審査も厳しく融資まで時間が掛かるので、最近では、ハードルを低くして、融資額も少なくしたビジネスローンなども登場しています。ビジネスローンでは2期分の決済書を用意するだけで、すぐに審査して貸付け可能か判断してくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ