プロパーローンで保証料無しで借りて住宅を購入する

住宅を購入するときには、購入資金がなければ住宅ローンでお金を借りて購入することになるでしょう。このローンでは借りるのに保証人が必要になり、保証人は個人ではなく、保証会社がなります。そのために保証料という費用が発生し、数千万円にもなる住宅購入費用を借りるとなると、そのお金も数十万円と大きな金額です。

しかし、銀行や信金で独自にやっているプロパーローンというものもあり、これは同じように住宅購入費に充てるためにお金を借りることが出来ますが、金融機関が独自に審査して融資可能か判断するので、保証人が必要ないために保証料が発生しません。

大きな借入れ金額になる住宅購入費用は、明らかにプロパーローンで借りた方がお得です。ただしどこの銀行や信金でもこのローンを取り扱っているわけではなく、地方銀行や信金でときどき取り扱うことがあるぐらいです。

インターネット上では募集などはしていないので、それぞれの支店などに電話して取り扱っているか聞いて探すしか方法はありません。申込時の審査で見られるのは個人信用情報機関の情報です。

それに加えて年収や勤めている年数などの情報も審査対象になり、その人が本当にお金を貸しても返せるかどうかじっくり時間をかけて審査します。

審査は時間をかけて行うので、申し込んでから融資までの時間は通常のローンよりも長くなりますが、低い金利で融資を受けられるときもあります。また通常の住宅ローンの審査が通らなかった場合の代用として利用する場合もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ