返済予定表を作成してそれに基づいて返済していく

金融機関などからお金を借りたときには、毎月の返済額とどれぐらいの期間で完済できるかというのが決定していきます。そのとき役に立つのが返済予定表であり、これには借りたときから返済が完了するまでの毎月の返す金額と、それによる毎月の残高、その利息などの内訳が掲載されているのです。

これに基づいてお金を返していけば、必ず記載の時期で完済することが出来、借りたお金の返済計画が予定表をみればすぐにわかります。また借入期間の途中でもこの表を見ればあとどれぐらいで返すことが出来るのかわかるのです。

個人の場合は、予定表だけでよいですが、これが事業のための融資となると、少し勝手が違ってきます。事業計画が必要になり、どれぐらい利益が出るので、いくら毎月返すことが可能なのかの予想がまず大事です。さらに、途中で返済のために再度借入をする必要もないことも確認しておかなければなりません。

借入れ途中でお金を再度借りれば、予定を見直して、計画を再度練らなければならなくなります。一社からの借入れのみではなく、数社からお金を借りているときには、毎月の返す額が重なり、現在の借入金の残高が把握できなくなる場合もあるでしょう。

こんな時にも借りたお金の口座別に返済予定表を作っておけば、借入金の明細が一目で分かります。これにより、今の借入金の残高と完済までの期間を算出することが出来、またそれによって、月々の返済を忘れてしまうということも避けることが可能になってきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ