変動金利住宅ローンは途中で急激に金利が上がる可能性がある

住宅ローンを借りるときには、金利を変動型にするか固定型にするか、それとも数年間だけ固定型にするかといういくつかの選択肢があります。その中で現在の金利が低ければ変動金利住宅ローンにすれば、最初は利息が少なくて済みますが、途中で必ず金利の見直しが行われるので急激な利息の変化が起こる場合があるのです。

固定型にすれば一定期間固定された利息にあり、また2年間や5年間や10年間だけ固定させるという方法もあります。それに対して変動型では、レートに対応して金利が変わっていき、毎年4月と10月に見直しされ、そのときに現時よりも上昇していれば高くなり、下降していれば低い数値になるのです。

このときに返済額も住宅ローンを借りてから5年ごとに見直しが行われます。仮に急激に金利が上がったとしても、法律で25%以上返済額が上がらないような救済措置はあります。ただしこれは返済額がそれ以上上がらないように設定されるだけで、利息などは繰り越されることになるのです。

これによって、上限まで目一杯返済額が上がり、毎月の負担額が増えてしまった場合には、月々の返しているお金だけでは、利息しか返せないということも起こり、いつまで経っても元金が減らないということも起こりうるのです。

このように変動型には金利の急激な上昇などのリスクが付きものではあり固定型より完済までの計画は立てにくい面もありますが、借入期間中は低い利息で済めばお得なローンの組み方とも言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ