法定金利で定められた金利以上の消費者金融は危険

消費者金融でお金を借りるとなると、借りた金額に対して金利が発生します。昔は法外な数値の金利の所もありましたが、貸金業法が出来、それにより金利はいくらまでの範囲にすることと定められたので、健全な営業を行っているところは、高すぎる数値設定にすることはなくなりました。

法律で定められた範囲では、10万円未満なら20%、10万円から100万円未満なら18%、100万円を越える場合には15%以内の利率にしなければいけないという法定金利が定められました。

ただし出資法では29.2%までにしていもいいので、この設定を適用して貸金業法内で定められた利率よりも高くしている業者もいましたが、現在では出資法も改正されて、高い金利設定は行えなくなりました。

このようにして、昔は利率が高かったのが、現在はそれよりも低い利率になったので、過去に高い利率で借金を返済していた場合には、過払いと言って、お金を返しすぎた分を請求するれば取り戻すことも可能になっています。ただし、これは自分で請求しても手続きなどが大変なので、通常は弁護士を通して行うことになります。

金利は法律で定められていますが、街の街頭などに貼ってある広告のところでお金を借りるのは大変危険です。

とくにブラックで借りられるなどの文句の所は特に危なく、このような所は、所謂ヤミ金という、借金を返済できないような利率の金利にしているところもあります。ヤミ金で一度お金を借りれば利息だけ返すのが精一杯で元金が一向に減っていかないということもあるので注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ