法定利率は個人と個人の場合には年5%と定められている

利息というのは消費者金融などでお金を借りて借金が出来た場合にも発生しますが、支払うべきお金が払えなくて、それが借金になった場合にも発生するのです。身近な例で言えば住民税などにも一定期間支払いが出来なければ延滞金と言っていくらか利率が上乗せされた金額が請求されます。

これは交通事故などで損害賠償金が発生したときも同じであり、このような債権については法定利率では5%と決められています。損害賠償金がたとえば元本100万円だとすれば、1年で5万円の遅延損害金が発生することになるでしょう。

被害者が死亡して逸失利益を請求して、その金額が数千万円や数億円単位になれば、それはとてつもない利息が発生することになってしまいます。
ただし現状では逆になっており、簡単に言えば先にもらえるお金、この場合には年5%分の利息ですが、これを差し引いて計算するということになっています。

元本100万円なら95万円になってしまい、更に先ほどの逸失利益の数千万円から数億円単位の金額になると、差し引かれる金額は莫大なものになってしまうのです。

事故などで後遺症が残ったり、収入を得られる人が亡くなったりと、家族に負担がかかるのに、お金が差し引かれてしまうという状況が出来ており、法律を変えるべきと言う意見も多くなってきています。

またあまりにも被害者にとって気の毒だということで、この金利5%を裁判所での配慮で3%にして差し引き金額を少なくするなどのことも行われる場合があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ