ボーナス時増額返済を用いたローン返済の危険性

住宅ローンを返済していくには毎月の一定金額とボーナスでの追加金額を返済する方法の2つを併用していくことが出来ます。フラット35では、ボーナスの返済分は借入金額の40%以下、50万円毎の設定となっており、借入金が2000万円なら、800万円までをボーナス時増額返済で返すことが可能です。

民間の金融機関での借入れでは、総額の2分の1までをボーナスでの返済に認めているところが多いです。ボーナスでの返済を用いれば、その分完済するまでの時期が早くなるので、利息が少なくなり、支払う総額を少なくできます。また毎月返すお金にも余裕を持たせて家計の負担を少なくできるということもあります。

ただしこれはローン借入期間中、毎年一定金額のボーナスが支給されるという前提の話です。いくらボーナスで返す分を増やせるからといっても、その月の毎月返す一定金額のお金は支払わなくても良いという事ではなく、この2つを合計した金額をその月は支払わないといけません。

毎月の返済分が免除されることではないというものであり、家計には多大に負担をかけることになるでしょう。また住宅ローンを借りるなら数十年単位の長い期間お金を返していくことになります。

その間に会社の業績などで支給額が少なくされる、または最悪の場合は支給されないということも起こる可能性があります。そうなると完済までの計画を見直さなくてはいけなくなり、家計が圧迫されて、生活にも影響が出るおそれがあり、注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ