ボーナス併用返済分を計算に入れた上での返済を考える

住宅やマンションを購入する場合には、その販売価格が大きいために一括払いをするのは無理な場合がほとんどです。そこで金融機関からお金を借りてローンを組んで購入して、借りたお金を返していくことになります。毎月の返済に加えてボーナスが支給されたときに一定の金額を追加で返すボーナス併用返済というのも利用可能です。

ボーナスで返せるお金の割合は、通常の金融機関なら借入金額の50%まで、ある一部の金融機関では40%までと少し少なく設定しているところもあります。ボーナスが支給される月にはその金額に加えて、毎月返済している一定金額分もプラスしてローンに対して支払わないといけません。

あまり多くの金額をボーナスでの返済に充ててしまうと、生活に支障を来す可能性も出てきますので、毎月の返済額との兼ね合いも大切です。

また会社の業績などにもボーナスの金額は影響されますので、このお金で返すことに頼りすぎるのも、長い期間のローン返済では注意が必要で、ある年に支給額が少なくなった時などには、ローンの計画を見直すことも必要になります。また、新築や中古のマンションを買うときも、その広告文句だけをみて購入すると危険です。

広告では月々の返済の金額を少なくするために、ボーナスで返す分を記載せずに、他の場所に小さく記載して、あたかも毎月少ない負担額でマンションが購入できるように見せている広告もあるので、しっかりその辺を計算する必要もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ