保証会社事務手数料など住宅購入にかかる諸経費

住宅を購入する場合には住宅ローンを組んで、金融機関からお金を借りる場合が多いと思いますが、借入時には保証会社事務手数料と保険料の2つが必要になることが多いです。お金を借りれば、毎月そのお金を返していかなければいけませんが、その他にも借入時にも諸経費が掛かり出費はかさむでしょう。

住宅ローンの融資の際は保証人が必要になります。通常の融資であれば契約者の身内がなる場合が多いですが、住宅ローンという大きな金額になると話は変わり、通常は保証会社が保証します。その時に住宅ローンの契約者は保証料というものを支払う必要があるのです。

通常、こういった会社は金融機関の関連会社になっている場合が多いです。
どの金融機関でもこのお金は必要ということはなく、中には保証料が不要な商品もあるので、それはとても魅力的でしょう。

料金はいくらと決まっているものではなく、金融機関によって異なりますが、50万円ぐらいのところもあれば、100万円以上もかかるところもあり、様々です。また審査結果によっても値段が違ってきます。先に一括で支払うことも出来ますが、金利に上乗せして支払うことも可能です。

また金融機関には事務手数料も支払う必要があります。こちらはそれほど金額が高くはなく、数万円から10万円程度の金額になり、これは契約時に支払わなければいけません。事務手数料は必ず必要ですが、保証料を払いたくなければ、フラット35などの住宅ローンを探してみると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ