保証会社手数料は住宅ローンの保証を受けるためのもの

銀行などで住宅ローンの契約を行う際には、保証会社の保証を受けるというのが必要条件になっている場合が多いです。これは数千万円単位のお金を借りることになるのですから、保証人は必要になり、通常なら契約者の家族などになってもらえばいいですが、何千万円もの保証能力は無い場合が多いので、専用の会社がなるのです。

万が一ローンを組んで返済できなくなった場合には、保証会社が契約者に変わって、金融機関にローンの残りの債務を返済してくれるという仕組みになっています。これによって債務者の債務は無くなりませんが、金融期間が迅速に貸したお金を回収できるという意味合いがあります。

保証会社手数料としての料金は一概にいくらとは言えませんが、借りる金額と返済期間によって金融期間毎に違ってきます。また審査によっても金額が変わってくるでしょう。住宅ローンを組めば一括で支払わなければならないお金ですが、それ以外にも金利に上乗せして、毎月少しずつ支払っていくという方法もあります。

この方法なら、金利に0.2%程上乗せした金額を毎月返済して支払うということになります。住宅ローンの返済が出来なくなれば、保証会社が代わりに支払ってくれますが、債務は無くなったわけではなく、これは支払ったこの会社に債務が移っただけです。

債務者は次にここに対して返済をしていくことになります。しかし、ここで返すお金がないということになると、購入した物件を売却に出され、その売却したお金が残った債務に充填されることになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ