保証人と連帯保証人はどのような違いがあるのか

家族などが金融機関からお金を借りた場合や、クレジットショッピングを契約する場合などは、保証人が必要になり、身内や親族の誰かになってもらうケースが多いです。

これになると言う意味は、お金を借りている本人が返済できなくなった場合に、その人に変わってお金を返す義務が発生しするということであり、貸す側にとっては、お金の回収漏れを防ぐための方法であるとも言えます。

お金を借りる場合には貸す側の債権を抱える人と、借りる側の債務者の間で契約が結ばれますが、保証に関する契約は債権者ではなく、債務者と行う契約なのです。債務者が返済できなくなり、自己破産などをした場合には、次は保証契約をした人が返済する責任が発生し、そこでも返せなければその人も債務整理をすることになります。

契約した人に変わってお金を返す覚悟を持って引き受ける必要があるのです。ただしほとんどの場合には、連帯保証人という意味合いになり、少し話も違ってきます。

保証人という場合なら、債務者からお金を返せと言う要求が来れば、まずは債務者に請求してくれという要求を出すことが出来ます。しかし連帯責任という取り決めを交わせば、まずは債務者にということは出来なくなり、同じく借入れした立場になり、返済義務も発生します。

保証を負うと言うことは、その時点で、返済義務が発生する可能性があり、リスクを背負うことになるのです。契約条項にも連帯責任発生の旨が明記されており、知らなかったでは済まされない問題になることもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ