保証ローンによる保証人代わりの保証会社の役割

カードローンなどを契約する場合には、通常は保証人が必要ないので、賃貸契約時のように誰か保証人を探す必要はなく、そのために、契約しやすくなっています。ただしこの場合でも貸したお金は会社によって保証されているので、カードローンの契約書にはその様な記載がなされています。

このような保証会社があるおかげで、即日審査のようなスピーディーな審査もローンで出来るようになりました。更には、審査の管理や債権の管理なども長年の経験を活かして、行うようになっています。また債務者がお金を返せなくなった場合は、債務者に変わって弁済することになります。

しかし、債務を代わりに支払ってくれたからと言っても、なにも債務者の借金は減るわけではなく、保証会社にその借金は移ることになります。そしてカードローン会社に毎月決まった金額を返済していたように、同じく毎月定額を返済していくことになります。

カードローンの審査では通常では行われませんが、審査結果が微妙な場合には稀に保証人をつけてくれと言われることもあります。これは融資を断るという意味ではなく、カードローンの審査が微妙なのでお願いしているのです。

しかし、このようなケースでは誰かに頼めばそれは連帯保証人になるということを意味しています。債務返済責任はその人も同時に負うことになるので、慎重に選ぶべきでしょう。仮に債務不能になっても支払い義務は放棄することは出来ないので重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ