街金では安心してお金を借りることが出来るのか

街金とは大手の消費者金融と違い、特定の地域で貸金業を営む小さな会社のことをいいます。このような会社は、事務所が市街地にあることが多いために、このような名前で呼ばれるようになりました。お金を借りる場合は、事務所で受け取るか、口座に振り込むかの方法をとっているところが多いです。

街金の特徴としては、審査が甘くお金はすぐに貸してくれますが、金利が高いというのが一般的でしたが、貸金業法が改正されてからは、上限金利が定められたために、貸金業から撤退する事業所が多く、その数は減ってきています。また法律に則って、定められた金利で営業している場合もあるでしょう。

しかし多くの街金は、その融資のお金を使用用途不問として貸し出していることが多く、高金利で貸すところも多いのが現状です。なかには債務整理者やブラックと言われる人にも貸しますよと、広告を出してうたっているケースもあり、そのようなところはヤミ金と言われています。ヤミ金は届け出を出さずに営業を行っている会社もあります。

お金を安心して借りることができるかと言えば、中には法律内の上限金利の中で営業しているところもあるようですが、中には違法に年金を担保にすればお金を貸すなどのところもあります。

最近ではホームページを作り、違法性が無くお金を借りやすい雰囲気にしている業者もいるので、可能なら大手で借りる方が無難でしょう。またお金が借りることができないからと言って、ヤミ金に手を出すのは、身を破滅させるので厳禁です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ