無保証融資でお金を借りる場合のメリットとデメリット

通常は担保を用意してお金を借りるのが普通であり、返せない場合には、抵当に入れた家や土地を債権者に渡して、借金の代わりとして返済するということになります。しかし最近では無担保融資という、担保が必要なくお金を貸してくれるところも多くなり、更には保証人も必要ないというところも沢山あります。

無担保融資だと、本人の信用力のみで貸すということになり、債権者のリスクも高くなるので、その分金利も高めに設定されています。また融資したお金が回収不能になるのを防ぐためにも、限度枠は低く抑えられていることが多く、数十万円から多くても数百万円までしか借りられません。

それ以上多くの額を必要とするなら、担保を用意する必要があります。ただし借りたお金をしっかり遅れず完済していき、信用を作っていけば借りられる金額も徐々に多くなっていくでしょう。

無保証融資はなんといっても、審査が早くすぐお金を借りられるというのがメリットです。即日融資などを行っているところもあり、早ければその日にお金を貸してくれるところもあります。また契約時の提出書類も少なくて済むので、比較的気軽に契約する事が出来、契約が簡単に済みます。

最近では個人のみならず、事業者向けローンでも無担保無保証人で貸してくれるところもあり、そのような公的な制度も作られました。ただし事業者向けとなると、融資希望額のいくらかは自己資金として用意しておかなければならないなど、個人融資に比べると、その審査基準は厳しくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ